二重あごの原因

あごが二重になっていることを気にする人は多いようです。顔がむくみやすかったり、皮膚がたるんでいたり、筋肉がやせ細ってきたことなどが、二重あごの背景にはあるようです。二重あごになる理由には、どのようなものがあるものなのでしょう。顔のたるみは、表情筋が弱くなるためだとされています。表情肉は30種類以上もあるといわれていますが、大きく分類すると随意筋と不随意筋の2種類に分けられます。力の入れようがないため強化しづらいのが不随意筋の特徴ですが、随意筋は咀嚼でよく使う筋肉です。しっかりよく噛んでものを食べることで、二重あごを解消することができるといいます。歯周組織や歯の健康状態が良くないと、しっかり食べ物を噛みしめることは困難だといいます。咀嚼は左右均等に行わないと、顔にゆがみが生まれてしまいます。虫歯や歯の欠損があると、同じ方ばかりで噛んでしまいがちです。顔のゆがみは、ひどくなると顔の筋肉の偏りを生み、リンパの流れを阻害してむくみの原因となることもあります。健康な歯や歯茎は二重あごに少なからず影響を与えているということになります。体は太っていないのに二重あごである場合は特に、顔のゆがみが二重あごの原因であることが多いようです。http://www.gaopeite.com/